忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

反信長勢力的集結

今川義元由西三河至東尾張的侵攻計劃
反信長勢力的集結
弘治2年今川義元為了從三河向西侵略尾張,與敵對的吉良義昭及斯波義銀和解,準備由海路入侵東尾張。

斯波、吉良、石橋三家同盟
織田家自古仕於斯波家,斯波家在清洲城織田大和守的城內建有屋敷。由於大和守家的坂井大膳叛變,將斯波義統殺害,其子義銀得到信長的庇護居於那古野城。信長得到清洲城之後,將義銀迎入清洲城,雖然有名無實,但義銀亦受到如國主般的厚待。

弘治二年(1556)四月,今川義元居中幹旋,邀請三河吉良家當主吉良義昭、與斯波義銀進行會談。吉良家本是獨立勢力,吉良義昭曾與織田家共同反抗今川勢 力,但現在義元以「同是將軍足利一族分家」的名義,集結今川家、吉良家、斯波家的合作,組織足利一族的同盟。受到義元的教唆引誘,斯波義銀親赴三河國上野原與吉良義昭會談合作。而為了征服三河及尾張知多半島的義元,亦積極拉攏在知多半島海邊擁有衆多足利將軍家御料所的石橋家

今川義元的侵略計劃
石橋家傘下的服部左京助接到義元命令,帶領石橋家結連斯波義銀、吉良義昭組成反信長聯盟,積極籌劃舉兵,計劃在三家舉兵之際,今川勢同時從海路一舉制壓尾張東側至西三河一帶土地。這個密約在舉兵前夕被信長察知,信長激怒,下令放逐吉良、斯波、石橋三家出國外的處分。義元策劃的西三河至東尾張侵略計劃以失敗告終,進而推演出桶狹間合戰的發生。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master