忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

敵在本能寺

6月2日叛變的理由
敵在本能寺

6月1日大茶會後,原定翌日信忠由信長帶領入宮參見大內,準備接受官位叙任的下旨、及回奏御扎。

◆6月2日,事變之日

 大茶會的翌日,天正10年(1582)6月2日,朝廷大內正準備對信忠的官位叙任下旨,對信長的野心抱不信任感的光秀收到這項情報,認為「6月2日若不阻止信長・信忠參見大內,這世道的秩序將會被信長徹底破壞」,立下決心襲擊本能寺。光秀在6月1日從亀山城出陣時,對重臣們傳話:「這次並非出陣中國,而是討伐主公信長」。

 1萬3千軍馬從亀山城出陣,光秀對兵士說要在出陣前讓信長檢閱裝備,因此向著京都進軍。翌日天亮前,渡過桂川後,光秀大呼:「敵人在本能寺!」,向全体軍兵宣告襲擊本能寺,是立功出世的好機會。在梅雨季之中,剛下完雨的早上4時,明智軍急襲本能寺。

◆在本能寺的猛火之中自裁

 宿泊於本能寺的信長,起初只認為是一般兵士喧嘩,並不察覺事變。直至鐵砲聲傳到信長寑室,信長的側近森成利(蘭丸)來告知是明智軍來襲。信長立即引弓迎戰叛軍,直到手肘被叛軍刺傷,方退回御殿之中,驅散女房眾之後,獨自一人在殿中放火,自害身亡。信長時年49歳,遺骸在本能寺的大火中消失得無影無踪,據阿彌陀寺的記錄,與信長交往親密的清玉上人在本能寺焚毀前,將信長遺骸運回阿彌陀寺安葬,信長墓旁有信忠、及忠於織田家的森一族陪伴。


拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master