忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

與母親、弟弟信勝的不和

擁立弟弟信勝的土田御前、與父親信秀的舊臣們
與母親、弟弟信勝的不和

弟弟信勝為進攻清洲城,在庄內川的名塚築城砦,與柴田勝家準備迎擊南下的信長軍

◆母親土田御前與親弟信勝

信長的生母是父親信秀的正室土田御前。土田御前出身尾張國的豪族,是海東郡土田鄉的土田下總守政久的女兒。土田家據說是美濃國可兒郡土田出身,但出身自丹羽郡郡村的生駒親正的一族的說法更有說服力。

土田御前亦誕下信長之弟信勝。信勝在「信長公記」中以「信行」為記,但在發出的文書中卻以「信勝」、「信成」署名。信長從小遠離父母,獨個兒在那古野城長大,而信勝則與父母一起居住,在末森城長大。信長被稱為「大呆瓜」的奇行、在父親信秀的葬禮上向靈前擲抺香的舉動,與信勝穿著整齊肩衣長袴出席的模樣形成強烈對比。衆人對嫡男信長的不信任,繼庶兄信廣之後,亦引起親弟信勝的謀反。

◆稲生會戰
信勝在弘治元年(1555)6月秀俊謀反失敗後,佔領了守山城,與信長對立。翌年8月,信勝得到土田御前的授意,意欲取代信長。信勝得到信長的筆頭家老林秀貞(佐渡守)及其弟美作守的支持,在清洲之南、小田川畔的名塚築造針對清洲城的城砦。8月24日柴田勝家率領六千軍勢從名塚取出出陣,其後作為信長重臣而活躍的柴田勝家,當其時還是信勝的宿老。那古野城的林美作守亦率領七百士兵趕赴名塚,而信長則從清洲南下,展開稲生會戰。最後信長勢取得敵首450顆獲得勝利,戰敗的信勝軍及柴田勢逃回末森城,林勢則逃回那古野城。
 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master