忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逃出伊丹城的荒木村重・村次父子

經歷2年頑強抵抗
逃出伊丹城的荒木村重・村次父子

荒木父子決不向信長屈服,以本願寺顯如、毛利氏、足利義昭為後盾。

◆逃出伊丹城包圍網的荒木父子

 信長繼續包圍因為本願寺顯如勸誘而謀叛的攝津守護・荒木村重,信長先降伏荒木軍勢力中的中川、高山兩氏,然後再改築中國攻略的中繼據點池田城。天正6年(1578)11月27日,信長進駐池田城,加緊對伊丹城的包圍,並命信忠建築付城。據『信長公記』所載,包圍伊丹城的付城共有十二座,由丹羽長秀、池田恆興、滝川一益等人構築。看見眼前這個嚴密包圍網的荒木父子,深知道石山本願寺及毛利氏再也不能派遣援軍及運送糧草過來。在翌年9月2日深夜,荒木父子與從者數人逃出伊丹城,進入尼崎城,尼崎城是臨近兵庫湊的海城,萬一城破還能經石山本願寺及毛利氏的協助下向瀨戶內海逃走。

◆伊丹城陷的慘況

 天正7年9月24日,信長再次進入池田城,對進攻伊丹城作出指示,信長命令鑛工掘地穴至伊丹城天守建築底部,城中荒木一族家中各人在信長的猛攻下,都希望開城投降。城中守將荒木久左衛門,向信長提出條件,自身前往村重的尼崎城及村次的花隈城,說服他們投降,換取信長饒恕伊丹城中將兵及家族的性命。信長接受條件,准許久左衛門前往尼崎城進行遊說,可是村重堅決不降,繼續固守城內。於是信長將村重正室及一族37人送往京都六条河原斬首,將伊丹城內荒木一族的女眷及孩子120人,帶到尼崎城兵能看到的尼崎七松處磔刑,被捕家臣及其家族約500人被燒死。之後村重・村次父子逃出城外,前往投靠在鞆的將軍義昭,信長終於平定攝津。


拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master