忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝倉氏滅亡

由大嶽城經敦賀進攻越前
朝倉氏滅亡

朝倉義景被從兄弟景鏡背叛,回不了本據地一乘谷,自刃了結生命。

追撃朝倉勢,進入金崎城
信長向敗走越前的朝倉義景展開激烈追撃,進入敦賀金崎城後,信長檢視了近3000顆敵軍首級,當中包括信長自己的兒甥、前稻葉山城主、一直在長島、近江、京都、攝津展開反信長行動的齋藤龍興。在金崎城整頓並花了4天確立作戰計劃後,信長繼續進攻越前。在越過木目峠之時,信長接到一乘谷起火的消息,原來朝倉義景捨棄了一乘谷往平泉寺方向逃亡,柴田勝家在一乗谷放火後再向平泉寺急行軍追撃。不過其時義景並不在平泉寺,而是往從兄弟朝倉景鏡的亥山城進軍中,但後來連景鏡亦倒向織田方,結局是義景被困在平泉寺的六坊不能前進。

朝倉義景的結局
前既不能、退亦無路,義景連退回一乘山城固守亦不能,朝倉一族相繼投降織田氏。平泉寺的僧兵集團加入圍剿義景,義景唯有自刃。朝倉家自孝景時代以一乘谷為本據地傳了共5代1世紀,一乘谷中有御館及家臣的集落、居民的城下町,形成了獨特的「朝倉文化」,當地的藝術及文化發展興盛。朝倉家本與織田家一同侍奉主家斯波氏,但兩家現在都同被織田家所滅。義景的首級在天正元年(1573)8月24日被送到府中龍門寺的本陣,供信長檢視。另外義景的嫡男被丹羽長秀發現,為斷絕禍根被信長下令殺害。在越前留下守備軍之後,信長退回大嶽城,準備對付剩下的淺井氏。


 
nc025.jpg
 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master