忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

武田勢的東美濃侵略

武田勢攻佔美濃岩村城、明智城
武田勢的東美濃侵略

岩村城被武田方的秋山家奪去,武田勝頼為進侵東三河而攻佔明智城。

岩村城的阿直夫人、與信長之子坊丸
元亀3年(1572)正月,信長正在圍攻小谷城的時候,信濃國飯田城武田信玄的屬下秋山信友,出兵包圍東美濃的岩村城接受將軍義昭要求的信玄,撕破與織田氏的同盟,襲撃信長的後方。岩村城城主遠山景任病逝後,迎信長的四子(實際上是第五子)坊丸為嗣子成為當主,景任的正室為信長的叔母(阿直夫人),所以才能領養信長的兒子。當時坊丸尚年幼,所以實際上是阿直夫人作為女城主指揮籠城戰。經過一輪奮戰後開城投降,阿直夫人成為了敵將秋山信友的側室,#坊丸成為了信玄的養子被送到甲府,過著人質的生活。

武田信玄之死
同年12月,與関東北条家結盟之後,武田信玄已無後顧之憂,接受義昭的邀請,出兵信長的後方,領2萬5千大軍入侵德川家康的遠江。兵力處於劣勢的家康打算在浜松城進行長期籠城戰,等待信長的援軍一同夾撃武田軍,但武田軍無視浜松城而繞道而行。自尊受損的家康決定出城追撃,雙方在三方原交戰,德川軍潰敗。武田信玄無視德川氏繼續西進,三方原敗戰令信長更感不安,正苦無對策之際,翌年4月傳來武田信玄瘁死的消息,武田勝頼繼承信玄之位,至此東邊的威脅已去,東面強敵武田信玄不在令信長精神大振,目前尚未能與武田勢全面對決,但已給予信長突破包圍網的契機。

#坊丸就是之後的犬山城主織田勝長。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master