忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超大型船與志賀越

岐阜至京都連成直線
超大型船與志賀越

在跟將軍義昭撕破臉面之前,信長想到要建造超大型船,這樣就能實現運送大量兵士、兵糧、武器的構想。

熟知水陸交通與人材登用術
一直與信長對立的淺井氏位於琵琶湖北,為了維持室町幕府與京畿的安定,信長經常往返湖北及與湖西隣接的京都。信長一直為了改善琵琶湖周邊的交通網而奔走,最後有了超大型船的構思,靈感來自信長幼小時居住於津島附近的體驗,有了超大型駿速船,就能將湖東湖西連在一起,信長看到在堅田、菅浦自治部落的湖上圍柵建船的情況,想像如何建造超大型船,但要將構思實現,還需要技術的配合,信長開始起拔周圍精於算術、建築、工藝技術的工匠人材,有能者不論家世都能獲得重用。

超大型船的建造
超大型船在元亀4年(1573)5月動工。信長在5月21日進入佐和山城,在城的西麓松原內湖動員近江的鍛治匠、木工、樵夫參與造船。『信長公記』載,建造了長30間(約60米)、闊7間(約14米)的大船共100艘,船上配備箭塔,所有船隻共能搭載3000~5000兵員,是日本史上從未有的巨大船。超大型船在湖西坂本靠岸,由坂本航行至京白川口,加上信長在吉賀山開闢闊3間的道路,湖東至京都連成一直線。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master