忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

進攻石山本願寺與三好殘黨

反信長勢力在攝津舉兵
進攻石山本願寺與三好殘黨


在信長圍攻小谷城之際,三好三人衆的殘黨與石山本願寺一同起兵,信長使將軍義昭出陣作為應對方法。

細川、三好殘黨與顕如的舉兵
在小谷城包圍戰期間,信長也出陣攝津國,因為呼應淺井、朝倉家的三好三人衆殘黨細川昭元石山本願寺顯如光佐在當地舉兵。三好殘黨在淀川三角州地帶最前端的野田城籠城,細川昭元誘同在稻葉山城陷落後一直流浪的齋藤龍興一同舉兵,顕如則策動近江及北伊勢的一揆起來反抗。

信長在元亀元年(1570)8月20日進入橫山城,指令木下秀吉強化小谷城包圍網,自身在25日出陣攝津,進駐天王寺並包圍野田福島兩城。位處三角州地帶的野田、福島兩城難以靠近,信長為免兵力損失而沒有強攻,致力策反城內的內應者,得到野田城三好政勝的嚮應。為避開三角州的地理因素,織田的攻城軍隊移駐兩城北面的海老冮信長自身移往天満森押制本願寺。

將軍義昭出陣攝津,以中之島城為本陣
信長出陣攝津的同時,朝倉、淺井勢也從湖西方面向比叡山坂本進駐,信長為把將軍與迫近京都的朝倉、淺井勢隔開,以及加強出兵攝津的正統性,無理地強要將軍義昭一同出兵攝津。不知道信長是否清楚一連串的舉兵叛亂是由將軍義昭義策劃,信長像故意地安排義昭進駐本願寺陣前的中之島城,有意試他一試,本願寺顯如果然無視眼前的義昭,而率兵猛襲天滿森的信長本陣。在本願寺勢力的鉄砲衆猛攻之下,信長不得不退回京都,從此開展了與本願寺漫長的戰幔。
 

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

Facebook

Google+

Creative Commons

Creative Commons License

戦国安土城・織田信長記後藤又兵衛製作,以共享創意署名-非商業性-禁止衍生 3.0 香港 授權條款釋出。

フリーエリア 公告欄

プロフィール 版主介紹

HN:
後藤又兵衛 (Matabee Gotou)
年齢:
430
性別:
男性
誕生日:
1586/12/29
職業:
デザイナー、モデル会社仕事中(任職Model Agency的Designer)
趣味:
戦国、J-POP
自己紹介:
戦国の史事が興味深いの香港人(沉迷日本戰國的香港刀足輕)

忍者アナライズ

最新CM 留言

[11/15 DSLR-A900]
[10/16 政宗]
[10/16 政宗]
[02/28 名無し]
[01/07 SUESUE]

最新TB 引用

バーコード 流動裝置瀏覽

カウンター 人流計

Site Master